ホーム » 未分類 » FXは目先の損得に流されず過去から未来を大きく俯瞰することが大切です

FXは目先の損得に流されず過去から未来を大きく俯瞰することが大切です

投資初心者が陥りやすい罠とは

目先の利益で大局を見失う事の恐ろしさ

株式投資やFXは大変魅力的な資産運用の方法です。多くの方は自分の資産を有効に活用する事で素敵な資産運用を行っていきたいと考えています。
株式投資やFXは大変価格の変動がはげしい商品ですので、大きな利益が手に入る反面、時には大変大きな損失を計上してしまうリスクも当然存在しています。

自分の資産を大きく毀損させないで有効的且つ効率的に資産運用を行って行くにはどのような心構えが必要なのでしょうか。
常に初心を忘れずに慎重に基本を守って、楽しんで自分の資産を有効に活用していきましょう。

短期的な損得に決して流されない事

株式投資の基本は長期分散投資です。相場は大きな変化を日々しています。常に頻繁に売買を行なうよりも大きな変動や下落で株価が変動した時を収益のチャンスと考えて投資を行ったほうが賢明な場合が多いです。
では高値で購入してしまった銘柄が予想に反して値下がりをした場合はどのように対処すべきなのでしょうか。

投資には塩漬けという言葉が存在しています。これは含み損を抱えた銘柄を長期間保有して次の値上がりを待つという投資方法です。
多くの投資家はこのような含み損を放置している場合が大変多いのです。
投資には機会収益という考え方があります。本来なら手に入れられていたかも知れない利益を塩漬け株は食いつぶしているのです。

投資の世界は未来を予想するものですから、たらればは禁物です。購入した銘柄が利益を出す場合もありますが、予想に反して損失を計上する事も当然あるので、その時の対処方法で自分の投資が成功するか失敗に終わるかは大きく変わっていくのです。

塩漬け株は早急に処分する方が賢明です。長期保有で配当や株主優待等を狙う事も可能ですが、いずれ上昇すると思っている銘柄が更に下落しない可能性はどこにもありません。
保有する事で更なる損失を計上するのであれば、一旦その取引は終了して、次の銘柄や投資チャンスを狙えばよいのです。投資の世界は日々、多くの銘柄が動いていますので、チャンスはいくらでもあるのです。
一つの失敗に固執せず、速やかに自分の思考を軌道修正する事が大変重要です。

相場の名人の思考法を学ぶ

長年様々な投資家の方にお会いして長期間、相場で勝っている方にはこの哲学がきちんと身についています。当然多くの失敗と成功を経験されている方です。自分の投資を考える際に、損失は最低限にして、次のチャンスを寝合うという合理的な割り切りが大変重要なのです。これを損小利大と言います。

そうでなければ貴重な財産をどんどん浪費していくだけで終わってしまいます。
多くの方が興味を持つデイトレーディングは長期分散投資とは趣が大きく異なってきます。
長期的な資産運用を行っていくには損小利大の考えのもと投資を行っていく事が大変重要な事となっていきますので、常にロスカットを意識した投資で相場を楽しんでいきましょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です